状態に関する判断は業者差が大きい

ワインボトル

ワインの買取をしてもらうときに気をつける必要があるのが、銘柄や製造年によって価格が大きく異なるだけでなく、状態によっても価格差が生じることです。人気がある銘柄で、特にできが良かったとされる年や製造できた本数が少なくて希少価値が高い年などに作られたものの場合には高い金額で売れる傾向があります。必ずしも古ければ良いというわけではなく、飲み頃のほうが価値が高くなるのもワインの買取に共通する特徴です。希少価値の高さや銘柄、製造年に基づく価格の評価は比較的業界内で統一されている状況があり、この年のこの銘柄ならいくらで買い取っていくらで販売するかという考え方は業者間であまり大きな違いはありません。ただ、ワインの保存状態による価格の違いについては業者によって見解に大きな差があり、買取価格にも大きく影響します。セラーの中でずっと適切な温度や湿度で管理されてきていたものと、物置に放置されていたものとを開栓せずに区別するのは簡単なことではありません。その見極めをできるかどうか、そして、その違いが販売価格にどのくらい反映させるのが適切と考えるかによって業者差が生じています。ある業者で買い取ってもらおうとしたら1万円だったのに、他社に相談したら2000円になったというケースもあるのが実態です。状態が悪いと減額というやり方が一般的なので減額理由を聞いてみるようにしましょう。

価格は種類によって大差がある

ワインボトル

ワインを買い取ってもらうとどのくらいのお金が手に入るのかがイメージできない人もいるでしょう。どのくらいの価格での取引が相場かという疑問が生まれて調べてみてもあまりよくわからないかもしれません。銘柄や製造年による違いがあまりにも大きいため、一般的にいくらくらいで売れるというのを一概に言うことができないのです。例えば、とても希少価値が高くて人気のある銘柄、製造年のワインであれば数十万円にも上ることがあります。逆に比較的流通量が多くてそれほど需要も高くない銘柄の場合には数百円ということもあり、場合によっては値段をつけられないと判断されることもあるのです。ある程度の希少価値があれば数千円から1万円くらいで買い取ってもらえることが多いと考えると良いでしょう。ただ、価値があるワインでも状態が悪いと買い取れないと言われてしまうこともあります。将来的に買取に出したいワインがあるなら丁寧に保管するように心がけましょう。